忍者ブログ
<<< PREV  → HOME ←   NEXT >>>

09/19/20:50

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/15/10:22

昭和通り側にPowerMac G3のケースを看板にした“大人のアキバ系バー”が誕生している。名前は「Bar & Junk MIKAKU」。バーといっても、看板と名前から想像できるように、メイドがいる萌え系ではなく、どちらかというと世代的には萌え系一つ手前にあたるPC・ゲーム系のやや大人の層を狙ったお店。

これが調べてみるとなかなか濃い。「萌え系飲食店なんて…」とお嘆きの30代以上の大人系アキバ世代には要注目のお店だ。

定休日なしで毎日夕方5時から朝5時まで営業、電源コンセントと無線LANは使い放題、メニューには秋葉原名物の食べ物が豊富、マスターもシェフも秋葉原が地元で隅々までよく知る個性派揃い、店内は大人の落ち着いた内装…などなど、内容は質を重視した筋金入りの“アキバ系”だ。店内には昔のファミコンや大型TVも設置してある。

そもそも、店先に設置してある看板がユニークだ。看板として使われているPowerMac G3のケースは、夜になると照明が入ってぼんやりと光る仕組みになっており、特に深夜帯には異彩を放つ。このお店は昭和通りといっても、秋葉原側ではなく浅草橋側にあるため、夜になると周囲は営業店舗がなく、PowerMac G3の青白い光が一層目立つ。マスターによると、このケースはジャンク屋で2,500円で購入したものを改造したのだという。

メニューも面白い。バーとしての酒類や食べ物系はひと揃いあるが、それ以外に「チチブデンキのおでん缶」「荒木商店の卵焼き」などの秋葉原名物が入っている。おでん缶はあまりに有名なので省略するとして、荒木商店というのは秋葉原で昔から営業している卵屋さんで、裏メニューの厚焼き卵は知る人ぞ知る美味名物。スタッフが地元で長いということもあり、荒木商店ともつきあいがあるそうで、同店の卵焼きをメニューに加えているほか、夜には荒木商店の前を借りてバーを宣伝する大きな幕も出している。

秋葉原に詳しいスタッフも魅力だ。マスターもシェフも地元で長く、街の歴史や古いお店の主人達のこともよく知っている。秋葉原のうんちくを語りたい人にもお勧めだ。イベントやオフ会での使用もOKとのこと。

店内はウッドを中心とした落ち着いた大人系の内装で、黄色い声が飛び交う萌え系店舗とは違い、ゆったりした雰囲気。特に毎日朝5時までやっているというのは“大人系”としては嬉しいところ。夜遊びが過ぎたときにここで始発電車を待つのもよし、休日前夜の遊び場所として使うもよし。ちなみに、中心地からややはずれたところにあるというところから「アキバの隠れ家的ダイニングバー」というキャッチコピーが使われているが、電波が通らず店内ではケータイの類が一切使えないというあたりも“隠れ家”としてピッタリかも知れない(笑)。

気になる人は、同店のWebに詳しい情報が出ているのでチェックしてみるといいだろう。スタッフ達によるブログも公開されているが、シェフだけが初日に書いたまま放置しているのはご愛敬(笑)。

Bar & Junk MIKAKU
http://www.bar-mikaku.jp/
東京都千代田区神田和泉町1-1 タイワビル B1F
Tel 03-3862-0048
定休日なし
営業時間 17:00~5:00

(f)
PR

ご来店&ご紹介の御礼

ご来店と、早速のご紹介ありがとうございます。スタッフ一同心より御礼申し上げます。

さて、明日はボジョレーヌーボ解禁日、当店においては今夜午前0時丁度に抜栓、1杯振舞いボジョレーヌーボ大会を執り行います。

今夜、太陽と大地の恵みにいち早くありつけるかもかも、です。

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

  • 2006年11月15日水
  • みかくてんちょ
  • 編集

お店いってきました。

とても雰囲気のよいお店です。また行きます。
http://blogdescalar.seesaa.net/article/66155027.html

  • 2007年11月13日火
  • URL
  • よういち
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL

秋葉原のミカク / MIKAKU 訪問

久しぶりの訪問。 月曜日にも関わらずお客さんが多かったので、残念ながらマスターと会話するにいたらず。