忍者ブログ
<<< PREV  → HOME ←   NEXT >>>

12/14/05:30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05/02/05:02

 ジブリの「宮崎駿」さんや「高畑勲」さんが若い頃に多大な影響を受けたという、劇場用アニメ「王と島」が上映されているという看板。5月1日のアキバガイドが「映画の日」を告知する看板に書かれていた。看板では「ジブリの宮崎監督が映画を志したきっかけの作品」と紹介されている。

 「王と島」はフランスの長編アニメ映画で、ある王宮に飾られている3枚の肖像画「美しい羊飼い娘」と「煙突掃除の青年」と「孤独な王」とが繰り広げる不思議な恋の物語。1952年に「やぶにらみの暴君」として上映、その後改名して今の名前になる(詳細はリンク先参照下さい)。

 日本で「王と島」が上映されたのは2006年が初めてで、これにはジブリの「宮崎駿」さんや「高畑勲」さんが尽力したともいわれている。DVDは先月4日に発売済み。

 今回の上映はUDX内3Dシアターで4月28日(土)~5月6日(日)の9日間というスケジュール。ジブリ作品が好きな方は、大型スクリーンで見て「宮崎駿」さんや「高畑勲」さんの気分を味わってみてはいかがだろうか。

王と島
 http://www.ghibli-museum.jp/outotori/top.html

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL