忍者ブログ
<<< PREV  → HOME ←   NEXT >>>

03/30/17:47

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04/28/06:28

 

 人気漫画「めぞん一刻」のドラマ放映をPRする看板。「今夜のシンデレラ」と書かれたたすきを掛けて、番組宣伝看板を持っているのは主役「五代裕作」役の「中林大樹」さん。テレビ朝日系列で5月12日(土)の21時から放映予定となっている。

 彼らはJR秋葉原駅前で番組宣伝をしていたのだが、見かけたときは看板に寄りかかり談笑をしていた。近寄って話を聞いてみたところスタッフの1人から「彼、主役の五代役の中林大樹さんなんですよ」と教えて貰った。

 今回のドラマ化が発表された2006年9月には「響子」さん役の「伊東美咲」さんは決定していたが、五代役はオーディションで選出とされていた。その後、同10月に行われたオーディションで「中林大樹」さんが選ばれ、シンデレラボーイとして話題になっていた。
  
 ちなみにその後、逆取材を受けてドラマに関するインタビュ-を受けました。内容は以下のような感じ。

中林大樹さん :めぞん一刻をご存じですか?
アなチラの(k) :漫画からリアルタイムで見ていました(苦笑)
中林大樹さん :めぞん一刻のキャラクターでは誰が好きですか?
アなチラの(k) :四谷さんですね、四谷さんのような大人になりたかったです
中林大樹さん :五代は好きではないんですか?
アなチラの(k) :あー、自分が浪人したときに、嫌いになりました(笑)
中林大樹さん :えー、そうなんですか?
アなチラの(k) :あの時、僕も美人の管理人さんが居るところで、浪人できていたらなぁ
中林大樹さん :ああ…(苦笑)。あ、伊東美咲さんの響子さん役はどうですか?
アなチラの(k) :美人なのでぴったりかと(照れまくり)

 アホな回答してしまい申し訳ありませんでした。「中林大樹」さんの懐の深い切り返しがなかったらどうなっていたのやら想像もつきません。しかし、あの温厚そうな人が「響子さん、好きじゃー」とか叫ぶのかと思うとドラマを見るのが楽しみになってきました。

 ちなみに、アなチラの(k)はその昔、まだ無名だった頃の中川翔子と秋葉原で競演したことがある。それがどうしたと言われたらそこまでだが、その後、彼女はあれよあれよとブレイクしていった。「中林大樹」さんもここからググっとブレイクして欲しい。

中林大樹ブログ 現在浪人中
 http://blog.tv-asahi.co.jp/ikkokukan/
ドラマ「めぞん一刻」
 http://www.tv-asahi.co.jp/ikkokukan/

あ、サインもらっておけば良かった!

(k)
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL